「死の組」を1位で通過 スウェーデン“格安監督”の評判

公開日: 更新日:

 スウェーデンが、2連勝で波に乗るメキシコを攻守で圧倒して快勝。「死の組」と呼ばれるF組1位通過を決めた。

 代表全23選手が海外リーグに所属しているが、ビッグクラブでプレーしているのはDFリンデロフ(23=マンチェスターU)ひとりだけ。英紙デーリー・メールが報じた選手平均年俸は約1・9億円で32カ国中20位。同1位のブラジル(約8・5億円)の4分の1にも満たない。

 そんな雑草集団を率いるアンデション監督(55)も年俸は5600万円と安く、日本の西野監督(1・2億円)の半分程度だ。

 国内リーグで実績を作り、2016年に代表監督に就任。スウェーデン伝統の堅守速攻スタイルを再構築し、予選でオランダ、プレーオフでイタリアを撃破して3大会ぶりのW杯出場を決めた。

 大会前には大きな決断を下した。16年に代表を引退したスーパースター、イブラヒモビッチ(36)が代表復帰を示唆。これを支持する声がスウェーデン協会内にもあったものの、指揮官はしかし、大スターにおもねることなく、「復帰したいなら自分から連絡せよ」と毅然とした態度で結果的に招集を見送った。突出した選手の存在は、チームの和を乱す火種になるリスクをはらむ。そもそも組織力、団結力を重視する指揮官の構想からは外れていたともいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る