「死の組」を1位で通過 スウェーデン“格安監督”の評判

公開日:  更新日:

 スウェーデンが、2連勝で波に乗るメキシコを攻守で圧倒して快勝。「死の組」と呼ばれるF組1位通過を決めた。

 代表全23選手が海外リーグに所属しているが、ビッグクラブでプレーしているのはDFリンデロフ(23=マンチェスターU)ひとりだけ。英紙デーリー・メールが報じた選手平均年俸は約1・9億円で32カ国中20位。同1位のブラジル(約8・5億円)の4分の1にも満たない。

 そんな雑草集団を率いるアンデション監督(55)も年俸は5600万円と安く、日本の西野監督(1・2億円)の半分程度だ。

 国内リーグで実績を作り、2016年に代表監督に就任。スウェーデン伝統の堅守速攻スタイルを再構築し、予選でオランダ、プレーオフでイタリアを撃破して3大会ぶりのW杯出場を決めた。

 大会前には大きな決断を下した。16年に代表を引退したスーパースター、イブラヒモビッチ(36)が代表復帰を示唆。これを支持する声がスウェーデン協会内にもあったものの、指揮官はしかし、大スターにおもねることなく、「復帰したいなら自分から連絡せよ」と毅然とした態度で結果的に招集を見送った。突出した選手の存在は、チームの和を乱す火種になるリスクをはらむ。そもそも組織力、団結力を重視する指揮官の構想からは外れていたともいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る