• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「死の組」を1位で通過 スウェーデン“格安監督”の評判

 スウェーデンが、2連勝で波に乗るメキシコを攻守で圧倒して快勝。「死の組」と呼ばれるF組1位通過を決めた。

 代表全23選手が海外リーグに所属しているが、ビッグクラブでプレーしているのはDFリンデロフ(23=マンチェスターU)ひとりだけ。英紙デーリー・メールが報じた選手平均年俸は約1・9億円で32カ国中20位。同1位のブラジル(約8・5億円)の4分の1にも満たない。

 そんな雑草集団を率いるアンデション監督(55)も年俸は5600万円と安く、日本の西野監督(1・2億円)の半分程度だ。

 国内リーグで実績を作り、2016年に代表監督に就任。スウェーデン伝統の堅守速攻スタイルを再構築し、予選でオランダ、プレーオフでイタリアを撃破して3大会ぶりのW杯出場を決めた。

 大会前には大きな決断を下した。16年に代表を引退したスーパースター、イブラヒモビッチ(36)が代表復帰を示唆。これを支持する声がスウェーデン協会内にもあったものの、指揮官はしかし、大スターにおもねることなく、「復帰したいなら自分から連絡せよ」と毅然とした態度で結果的に招集を見送った。突出した選手の存在は、チームの和を乱す火種になるリスクをはらむ。そもそも組織力、団結力を重視する指揮官の構想からは外れていたともいわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る