まさかの歴史的惨敗…前回王者ドイツの慢心と世代交代失敗

公開日:  更新日:

 サッカー界には、有名な格言がある。1990年W杯得点王の元イングランド代表FWリネカーの「サッカーはシンプル。22人がボールを争い、最後にドイツが勝つ」というコメントもそのひとつだ。ドイツの勝負強さ、粘り強さを端的に表したものだが、この日の1次リーグ敗退を受けてリネカーは「最後にドイツが勝つとは限らない」とツイッターに書き込み、ドイツの戦いぶりに疑問符を付けた。

 2点差勝利で決勝トーナメント進出が決まるドイツは序盤からボールを圧倒的に支配しながら、フィニッシュの精度を欠いた。後半48分に左コーナーキックから先制を許すと、51分には捨て身で敵陣に上がっていたGKノイアーがボールを奪われ、ロングパスを拾った孫興民(25=トットナム)に無人のゴールに叩き込まれた。終始、試合の主導権を握りながら、アディショナルタイムで2点を奪われ、19度目の出場で初めて決勝トーナメント進出を逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る