• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二軍で15本塁打 日ハム清宮は嫌でも「ファームの帝王」へ

 打てども打てどもなお一軍昇格にならざり、じっと手を見る――。

 昨3日、日本ハムの清宮(19)が二軍のロッテ戦で15号2ランを放った。5月28日に二軍落ちして以降は、21試合で11本。ハイペースで一発を量産している。しかし、それでも一軍から声がかかる気配はない。

 ある球団OBは「本来なら、いますぐ一軍に上げたいところなんだが……」と、こう続ける。

「狙い球の絞り方、ボール球の見逃し方などは、ずいぶんよくなってきた。問題はポジションです。本職の一塁では、中田がリーグ4位の17本塁打、同2位の58打点と活躍中。打率も・266と、まずまずです。DHには出来高を含めると最大年俸2億5000万円のアルシアがおり、左翼は近藤がいる。この3人の誰かがケガをするか、成績がガタ落ちでもしない限り、清宮は今季いっぱい二軍の可能性もある。そもそも球団は清宮については今季を『育成の年』と位置づけている。無理に一軍に上げる必要もないというわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る