二軍で13試合8発 技術とデータが語る清宮HR量産の秘密

公開日: 更新日:

「ボールを長く見れたり、打ち方がハマっているというところだと思う」

 5月下旬に二軍降格後、13試合で8本塁打の清宮幸太郎(19)が、好調を維持している理由についてこう言った。

 具体的には「構える位置を後ろ側に引き気味にした。トップに入ってからの間がつけられていなかったので、そこが欲しかった」ということだ。

 つまりトップに入るまでの動作を省き、打撃フォームをマイナーチェンジしたのだ。

 6月1日の巨人との二軍戦から、ソフトバンクの内川と同モデル(約87センチ、890グラム)で、トップに重心を置いた特注バットを使用しており、「練習から打球が飛ぶようになった」と言う。

 ライバル球団の二軍首脳陣も、「リストが柔らかく、スイングが強くて速い。打つポイントが近く、角度のつけ方もうまい。春先と比べて、左脇も開かなくなった」と舌を巻く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る