二軍で13試合8発 技術とデータが語る清宮HR量産の秘密

公開日:

「ボールを長く見れたり、打ち方がハマっているというところだと思う」

 5月下旬に二軍降格後、13試合で8本塁打の清宮幸太郎(19)が、好調を維持している理由についてこう言った。

 具体的には「構える位置を後ろ側に引き気味にした。トップに入ってからの間がつけられていなかったので、そこが欲しかった」ということだ。

 つまりトップに入るまでの動作を省き、打撃フォームをマイナーチェンジしたのだ。

 6月1日の巨人との二軍戦から、ソフトバンクの内川と同モデル(約87センチ、890グラム)で、トップに重心を置いた特注バットを使用しており、「練習から打球が飛ぶようになった」と言う。

 ライバル球団の二軍首脳陣も、「リストが柔らかく、スイングが強くて速い。打つポイントが近く、角度のつけ方もうまい。春先と比べて、左脇も開かなくなった」と舌を巻く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る