サヨナラ負けで5連敗 デッドライン越えた巨人に4つの災い

公開日:

 巨人が“危険水域”に突入している。

 29日現在、首位広島と8.5ゲーム差。村田ヘッド兼バッテリーコーチは前日、広島に3タテを食らった後の緊急ミーティングで「残り73試合ある」とナインにハッパをかけたという。その昔、巨人や西鉄などで監督を歴任した名将の三原脩監督(故人)は「逆転優勝の限界ゲーム差は、残り試合の10分の1である」と言った。

 巨人は29日の中日戦で九回に2点差を守り切れず、逆転サヨナラ負けを喫した。これで5連敗となり、最下位中日まで0.5差。借金は6に膨れ上がった。残り72試合。三原監督の法則でいえば、逆転優勝の目安は「7ゲーム差」までとなるのだが……。

 巨人は過去に2度、奇跡を起こしている。1996年には7月6日にあった最大11.5ゲーム差を引っくり返した「メークドラマ」が有名。08年にはセで最大差となる13ゲーム差(7月8日)を逆転して優勝を決めた。とはいえ、現実的にはすでにデッドラインを越えている。負けが込んでくると、巨人ではいろいろなことが起こるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る