サヨナラ負けで5連敗 デッドライン越えた巨人に4つの災い

公開日:

 巨人が“危険水域”に突入している。

 29日現在、首位広島と8.5ゲーム差。村田ヘッド兼バッテリーコーチは前日、広島に3タテを食らった後の緊急ミーティングで「残り73試合ある」とナインにハッパをかけたという。その昔、巨人や西鉄などで監督を歴任した名将の三原脩監督(故人)は「逆転優勝の限界ゲーム差は、残り試合の10分の1である」と言った。

 巨人は29日の中日戦で九回に2点差を守り切れず、逆転サヨナラ負けを喫した。これで5連敗となり、最下位中日まで0.5差。借金は6に膨れ上がった。残り72試合。三原監督の法則でいえば、逆転優勝の目安は「7ゲーム差」までとなるのだが……。

 巨人は過去に2度、奇跡を起こしている。1996年には7月6日にあった最大11.5ゲーム差を引っくり返した「メークドラマ」が有名。08年にはセで最大差となる13ゲーム差(7月8日)を逆転して優勝を決めた。とはいえ、現実的にはすでにデッドラインを越えている。負けが込んでくると、巨人ではいろいろなことが起こるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る