松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

じん帯損傷エンゼルス大谷に群がる自称“ご家族サマ”の叫び

公開日:

 嫌な夢でうなされて目が覚めた。病院の待合室でオロオロと待っていると、医者が厳しい顔をして現れる。

「大谷翔平選手のご家族の方、お話があります」

 一斉にドドッと集まる様子を(なぜだか)テレビカメラを積んだドローンが飛び上がって上空から俯瞰すると、驚いちゃいけない(な、なんと)数万人の「ご家族の方々」が一人の医者を取り囲む。

「先生、う、うちの翔平は大丈夫でしょうか!」

 そのうち、

「おめえは家族じゃねえだろ?」

「何言ってんだ、全出場試合独占放送局だ」

「うちは夏までに大谷本20冊出す出版社だ」

「家族の許可は得たのか!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る