松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

じん帯損傷エンゼルス大谷に群がる自称“ご家族サマ”の叫び

公開日: 更新日:

 嫌な夢でうなされて目が覚めた。病院の待合室でオロオロと待っていると、医者が厳しい顔をして現れる。

大谷翔平選手のご家族の方、お話があります」

 一斉にドドッと集まる様子を(なぜだか)テレビカメラを積んだドローンが飛び上がって上空から俯瞰すると、驚いちゃいけない(な、なんと)数万人の「ご家族の方々」が一人の医者を取り囲む。

「先生、う、うちの翔平は大丈夫でしょうか!」

 そのうち、

「おめえは家族じゃねえだろ?」

「何言ってんだ、全出場試合独占放送局だ」

「うちは夏までに大谷本20冊出す出版社だ」

「家族の許可は得たのか!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る