• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代打三振でも上等 日ハム清宮“2試合限定”一軍再昇格の狙い

「直接、本人に伝えたいことがあった。もう一回、一軍の試合を見るべきだと思った。(一軍の)枠をつくれるし。ここは最初から考えていた場所」

 昨9日、42日ぶりで一軍に昇格した清宮幸太郎(19)。栗山監督は前半戦終了まで残り2試合のタイミングで一軍へ呼んだことについて、こう続けた。

「普通に(一軍に)呼ぶ、というなら頭から使う。でも、そうじゃないということは違う理由がある。もう少し(二軍で)やらなきゃいけないことがある。能力があるのはわかっているけど、(能力を)表に出す答えがあるというなら、そんなに簡単なことはない。結果を出させるために必死で考えている。それで結果が出てよかったということになればいい。簡単に説明できるものではない。そこは勘弁して」

 要するに原則2試合限定の昇格ということだ。

 清宮は二軍降格後、11本塁打と一発を量産している。しかし、一軍はメンバーがほぼ固定されている上、優勝争いを繰り広げている。守備や走塁も含め、二軍でやるべきことのある清宮を使いながら育てる隙間も余裕もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る