• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日・松坂の公式戦回避 「シーズンより球宴」の逆転現象

 プロ野球選手はシーズンが最優先。しかし、中にはそうではない選手もいる。

 5日、背中の捻挫で離脱中の中日・松坂大輔(37)が雨のナゴヤ球場でキャッチボールなどを行った。すでにブルペン入りもしており、6日からのヤクルト戦で復帰するのではと言われていた。しかし、松坂自身は「どうでしょう」と、明言せず。球宴でぶっつけ本番の可能性が高いという。

 松坂は今季のオールスター(13、14日)の目玉。3勝3敗、防御率2.41の成績ながら、ファン投票ではセの先発部門2位の菅野(8勝5敗、防御率2.38)に約15万票の大差をつける39万票を獲得した。現在の成績にかかわらず、多くのファンはボロボロになった「平成の怪物」の復活劇が見たいのだ。

 その松坂が球宴前に登板して故障でもしようものなら大ごとだ。ファンはガッカリするし、後半戦の登板がパーになれば、戦力的にも営業的にも困るのは中日だ。「球宴のために公式戦の登板回避」という、本末転倒とも取れる異例の措置を取るしかないのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る