中日・松坂の公式戦回避 「シーズンより球宴」の逆転現象

公開日:  更新日:

 プロ野球選手はシーズンが最優先。しかし、中にはそうではない選手もいる。

 5日、背中の捻挫で離脱中の中日・松坂大輔(37)が雨のナゴヤ球場でキャッチボールなどを行った。すでにブルペン入りもしており、6日からのヤクルト戦で復帰するのではと言われていた。しかし、松坂自身は「どうでしょう」と、明言せず。球宴でぶっつけ本番の可能性が高いという。

 松坂は今季のオールスター(13、14日)の目玉。3勝3敗、防御率2.41の成績ながら、ファン投票ではセの先発部門2位の菅野(8勝5敗、防御率2.38)に約15万票の大差をつける39万票を獲得した。現在の成績にかかわらず、多くのファンはボロボロになった「平成の怪物」の復活劇が見たいのだ。

 その松坂が球宴前に登板して故障でもしようものなら大ごとだ。ファンはガッカリするし、後半戦の登板がパーになれば、戦力的にも営業的にも困るのは中日だ。「球宴のために公式戦の登板回避」という、本末転倒とも取れる異例の措置を取るしかないのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る