元メジャーで初誕生か 楽天来季「石井一久GM」招聘の勝算

公開日:  更新日:

 楽天が来季に向け、米ドジャース、ヤクルトなどで活躍した石井一久氏(44)をGMで招聘することになった。立花球団社長は「前向きに進んでいると思う」と話した。

 日米通算182勝。おおらかでフランクな人柄に加え、野球理論の高さも評判。昨オフは監督招聘プランも浮上していたが、「GM職」を兼務していた副会長の星野仙一氏が今年1月に他界。石井氏に白羽の矢を立てた。

 メジャーでは元選手のGMは以前より少ない。国内では1995年に就任したロッテ・広岡達朗氏を皮切りに、DeNAの高田繁GM、巨人の鹿取義隆GMらユニホーム組が多い。石井氏は務まるのか。

 石井氏は吉本興業の契約社員として、選手のマネジメントに携わっている。解説者やタレント稼業を行う一方で、トヨタ自動車のスポーツマネジメントに関わったり、韓国野球を何度も視察している。さる放送関係者が「石井さんは以前から球団経営やチーム編成に関心が強かった。『渡りに船』でしょう。日米を股にかけ、野球人でありながら、ビジネス感覚もある」と話せば、さるヤクルトOBはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る