元メジャーで初誕生か 楽天来季「石井一久GM」招聘の勝算

公開日:  更新日:

 楽天が来季に向け、米ドジャース、ヤクルトなどで活躍した石井一久氏(44)をGMで招聘することになった。立花球団社長は「前向きに進んでいると思う」と話した。

 日米通算182勝。おおらかでフランクな人柄に加え、野球理論の高さも評判。昨オフは監督招聘プランも浮上していたが、「GM職」を兼務していた副会長の星野仙一氏が今年1月に他界。石井氏に白羽の矢を立てた。

 メジャーでは元選手のGMは以前より少ない。国内では1995年に就任したロッテ・広岡達朗氏を皮切りに、DeNAの高田繁GM、巨人の鹿取義隆GMらユニホーム組が多い。石井氏は務まるのか。

 石井氏は吉本興業の契約社員として、選手のマネジメントに携わっている。解説者やタレント稼業を行う一方で、トヨタ自動車のスポーツマネジメントに関わったり、韓国野球を何度も視察している。さる放送関係者が「石井さんは以前から球団経営やチーム編成に関心が強かった。『渡りに船』でしょう。日米を股にかけ、野球人でありながら、ビジネス感覚もある」と話せば、さるヤクルトOBはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る