二軍再降格の日ハム清宮 コーチの評価と一軍復帰への課題

公開日:

「打撃だけじゃなく、守備、走塁も含め、いつ一軍に呼ばれてもいいように、周りに流されず一つ一つやっていきたい」

 10日、二軍降格が決まった日本ハムの清宮幸太郎(19)がこう言った。この日のソフトバンク戦はDH・アルシアの代打で出場して一ゴロと四球だった。栗山監督は清宮の昇格時、2試合限定の帯同になることを示唆、「(清宮に)直接、伝えないといけないことがある」と言った。清宮は指揮官との会話について「やれることをやって、無理をせず、って感じです」とコメント。栗山監督はこの日の試合後、「ハッキリ課題が見えた。『やるべきことを確認してほしい』と話した。今年中に一軍で活躍してくれると信じている」と話した。

 コーチ陣は清宮をどうみたか。

 緒方野手総合コーチが「一軍の1打席は重みがある。四球も選んだし、いい2日間になったと思う。少ない打席で結果を出すのは簡単ではないが、基本的にストレートを一発で仕留める形をつくってほしい。もちろん、守備、走塁も含めてレベルアップしてもらいたい」と話せば、城石打撃コーチはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る