• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二軍再降格の日ハム清宮 コーチの評価と一軍復帰への課題

投稿日:

「打撃だけじゃなく、守備、走塁も含め、いつ一軍に呼ばれてもいいように、周りに流されず一つ一つやっていきたい」

 10日、二軍降格が決まった日本ハムの清宮幸太郎(19)がこう言った。この日のソフトバンク戦はDH・アルシアの代打で出場して一ゴロと四球だった。栗山監督は清宮の昇格時、2試合限定の帯同になることを示唆、「(清宮に)直接、伝えないといけないことがある」と言った。清宮は指揮官との会話について「やれることをやって、無理をせず、って感じです」とコメント。栗山監督はこの日の試合後、「ハッキリ課題が見えた。『やるべきことを確認してほしい』と話した。今年中に一軍で活躍してくれると信じている」と話した。

 コーチ陣は清宮をどうみたか。

 緒方野手総合コーチが「一軍の1打席は重みがある。四球も選んだし、いい2日間になったと思う。少ない打席で結果を出すのは簡単ではないが、基本的にストレートを一発で仕留める形をつくってほしい。もちろん、守備、走塁も含めてレベルアップしてもらいたい」と話せば、城石打撃コーチはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る