フレッシュ球宴でHRも…日ハム清宮一軍入りへメンタルの壁

公開日: 更新日:

「空振りばかりだったのでうまく合ってくれた。1本出てくれてうれしい」

 12日のフレッシュオールスター、イースタンの3番・指名打者でスタメン出場した清宮幸太郎(19)が、中日・藤嶋から本塁打を放ち、笑顔で喜んだ。これがイ軍唯一の得点となり、優秀選手に選ばれた。

 最近は打撃の調子を落とし、一軍に昇格した2試合も3打席無安打と結果を残せず、再び二軍降格していたが、リーグトップの15本塁打をマークするファームの舞台で結果を出した。今後しばらくは二軍で鍛錬を積み将来の一軍昇格を目指す。

■「遠慮がちで肩身が狭そう」

 もっとも、こういう本塁打を見るにつけ、技術面もさることながら、メンタル面においても、一軍の壁は厚いようにも映る。打席での余裕のあるなしはもちろん、先日、清宮が一軍帯同していた際にはこんなことがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る