フレッシュ球宴でHRも…日ハム清宮一軍入りへメンタルの壁

公開日: 更新日:

「空振りばかりだったのでうまく合ってくれた。1本出てくれてうれしい」

 12日のフレッシュオールスター、イースタンの3番・指名打者でスタメン出場した清宮幸太郎(19)が、中日・藤嶋から本塁打を放ち、笑顔で喜んだ。これがイ軍唯一の得点となり、優秀選手に選ばれた。

 最近は打撃の調子を落とし、一軍に昇格した2試合も3打席無安打と結果を残せず、再び二軍降格していたが、リーグトップの15本塁打をマークするファームの舞台で結果を出した。今後しばらくは二軍で鍛錬を積み将来の一軍昇格を目指す。

■「遠慮がちで肩身が狭そう」

 もっとも、こういう本塁打を見るにつけ、技術面もさることながら、メンタル面においても、一軍の壁は厚いようにも映る。打席での余裕のあるなしはもちろん、先日、清宮が一軍帯同していた際にはこんなことがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る