中日石垣がフレッシュ球宴MVP 昨年欠場の鬱憤晴らす特大弾

公開日:

 郷里の酒田(山形県)から車で4時間かけて応援にやってきた両親が一番喜んでいるはずだ。

 フレッシュオールスターでMVPに選ばれた高卒2年目の中日・石垣雅海(19)。1点リードで迎えた四回裏。イースタン4番手の阪口(DeNA)から、バックスクリーンに飛び込むソロ弾を放ち、100万円の賞金を手にした。

 昨年もフレッシュ球宴に選出されながら、二軍調整中の藤浪(阪神)に頭部死球をくらって悔しい欠場。その鬱憤を晴らすかのような特大アーチだった。

「(バットの)芯に当たったのでいってくれという気持ちだった。チマチマした打撃より、狙うしかないと思って思い切りいきました。(両親に)恩返しというか本当に打てて良かった。今まで育ててくれて感謝している。柳田選手のようなフルスイングできる選手になれるように頑張りたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る