春4強の三重以外にも…夏予選で強豪校の初戦敗退が続く謎

公開日:

 単なる偶然なのか。今夏の高校野球地方予選で、強豪校の初戦敗退が続出している。

 14日、センバツ4強の三重(三重)が松阪商に2―5で敗れた。松阪商は春16強チームとはいえ、エース定本が二回までに3点を失い主導権を奪われると、最後まで流れを引き寄せられなかった。

 センバツ出場校では三重の他にも8強の日本航空石川(石川)、夏春連続出場の東筑(北福岡)が初戦で敗れ、九州学院(熊本)、3年前の県大会優勝校である専大松戸(西千葉)も初戦で散った。センバツ16強の国学院栃木(栃木)と九州国際大付(北福岡)は2回戦、そして昨16日には3年連続を狙う秀岳館(熊本)が熊本工に3回戦敗退。早い段階で姿を消した強豪校は枚挙にいとまがないのだ。

 ある在京球団のスカウトは、「昔は基本すらやっていないような学校があったが、今はネットを駆使して技術を学べるし、相手のことを研究しやすくもなった。極端に弱い学校が減っている」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る