秋のドラフト上位候補“金の卵” 掛け値なしのスカウト評価

公開日:

 セ・パの複数スカウトに今秋のドラフト候補に挙がる「金の卵」の掛け値なしの評価を聞いた。

■「根尾は広島・菊池のような内野手に」

 まずは高校生。先のセンバツ甲子園を制した大阪桐蔭には、6、7人のプロ注目選手がいるが、1位候補は根尾昂内野手と藤原恭大外野手の2人だ。

「背番号『6』で遊撃を守りながら2年連続センバツ優勝投手となった根尾は、投手としては身長177センチと上背がないだけに、野手としての評価が高い。『バネ』があるため、広島の菊池のような内野手を目指せる素材。藤原は広角に打てる強肩、俊足の外野手。高卒2、3年後には主力になっていそうな逸材です」(セ・スカウト)

 センバツには出場しなかったものの、報徳学園の小園海斗内野手も評価が高い。昨夏のU18W杯では2年生ながら正遊撃手を務めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る