• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。MBSラジオ「亀山つとむのかめ友Sports Man day」など野球情報番組のコメンテーターとしても活躍中。

元G柿沢が窃盗で逮捕 プロ野球選手の不祥事“問題の深層”

 元巨人の柿沢貴裕外野手が同僚の野球用具を盗み、中古買い取り専門店に売却していたとして同球団から契約を解除され、8日に窃盗容疑で逮捕された。一部報道によると、同外野手の推定年俸は500万円だが、高級外車の維持などに費用がかさみ、消費者金融から借金するほど生活費に困窮していたという。

 天下のプロ野球選手にしてはあまりにお粗末で矮小な悪事だが、最近の球界ではこの種の問題が相次いでいる。つい先月はロッテの大嶺翔太内野手が同じく借金がらみのトラブルで引退(彼はドラフト指名された直後にも未成年飲酒喫煙で補導されている)。また、巨人の篠原慎平投手と河野元貴捕手が飲食店の個室で裸になり、その様子を動画で撮影してSNSに発信するという、あまりに低俗な愚行が発覚した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る