友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

窃盗の元巨人選手は犯罪に寛容なメジャー目指したらどうか

公開日:

 元巨人の柿沢貴裕がジャイアンツ球場の選手ロッカーから菅野のグラブ、阿部のバットなど110点を盗み出して約100万円でブランド品買い取り業者に売却。球団を解雇され、窃盗容疑で警察に逮捕された。メジャーリーグにも盗癖のある選手は存在するし、犯行が表沙汰になるケースもある。しかし、処罰はユルユルで厳罰主義の日本とは正反対だ。

 柿沢のケースとそっくりなのは2002年春にヤンキースで起きたルーベン・リベラによるジーターのバット窃盗事件だ。その年、ルーベン・リベラはいとこのマリアノ・リベラの口利きもあってヤンキースに年俸100万ドル(約1億1000万円)で入団したが、キャンプ地の球場でジーターのバットを盗み、ネットオークションで2500ドルで売却した。これはすぐに発覚したが、球団は代理人と話し合い20万ドルの減俸で話がついた。

 その後、ルーベンは解雇されるが、これはヤンキースの選手たちが「人格者のマリアノ・リベラの顔に泥を塗ったことは許せない」とルーベンをチームに置いておくことに賛成か反対かを問う投票を行い、全員が反対票を投じたため、球団もそれを無視できなくなったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る