友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

窃盗の元巨人選手は犯罪に寛容なメジャー目指したらどうか

公開日:

 元巨人の柿沢貴裕がジャイアンツ球場の選手ロッカーから菅野のグラブ、阿部のバットなど110点を盗み出して約100万円でブランド品買い取り業者に売却。球団を解雇され、窃盗容疑で警察に逮捕された。メジャーリーグにも盗癖のある選手は存在するし、犯行が表沙汰になるケースもある。しかし、処罰はユルユルで厳罰主義の日本とは正反対だ。

 柿沢のケースとそっくりなのは2002年春にヤンキースで起きたルーベン・リベラによるジーターのバット窃盗事件だ。その年、ルーベン・リベラはいとこのマリアノ・リベラの口利きもあってヤンキースに年俸100万ドル(約1億1000万円)で入団したが、キャンプ地の球場でジーターのバットを盗み、ネットオークションで2500ドルで売却した。これはすぐに発覚したが、球団は代理人と話し合い20万ドルの減俸で話がついた。

 その後、ルーベンは解雇されるが、これはヤンキースの選手たちが「人格者のマリアノ・リベラの顔に泥を塗ったことは許せない」とルーベンをチームに置いておくことに賛成か反対かを問う投票を行い、全員が反対票を投じたため、球団もそれを無視できなくなったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る