NPBの複数球団が調査 田沢純一が日本でプレーする可能性

公開日:  更新日:

 日本で投げる姿を見ることはできるのか。日本時間10日にタイガースを解雇された田沢純一(32)のことだ。

 マーリンズで開幕を迎えた今季は、不振のため5月中旬に戦力外に。6月頭にタイガースとマイナー契約を結んだが、3A7試合で0勝1敗、防御率9.39と結果を残すことができなかった。

 そんな田沢を巡って、日本の複数球団が獲得調査に乗り出している。パの球団関係者はこう言う。

「150キロ超のストレートをバンバン投げられたころと比べると、球速はやや落ちているが、メジャー通算21勝89ホールドの実績は十分。今季メジャーでの奪三振率も高い(10. 8)。リリーフ投手としてまだまだ十分に戦力になる。本人に戻ってくる気があるなら、複数球団が獲得に乗り出すだろう」

 田沢は新日本石油ENEOSからドラフト指名を受けずに米球界入りした。日本でプレーするためにはドラフト指名が条件になる上、社会人は海外球団との契約終了から2年間の指名凍結という取り決めをクリアしなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る