小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

打倒・大阪桐蔭の可能性があるからこそ…古巣横浜に物申す

公開日: 更新日:

 気になる古巣の試合はたまに見ている。投打に何人かのプロ注目選手を抱える横浜(神奈川1位)が今週21日、千葉で行われた春季関東大会で、木更津総合(千葉1位)に七回コールド負けを食らった。

 現チームは「2度目」の屈辱だ。昨秋の県大会準々決勝でも鎌倉学園に8―15で八回コールド負け。センバツ甲子園への道を断たれている。今春の県大会準決勝で、その鎌倉学園を12―0の五回コールドで下し、神奈川を制した。期待していただけに不甲斐ない大敗である。

 関東大会でのコールド負けは、2014年春に霞ケ浦に七回コールド負けを喫して以来4年ぶり。私は30年近い指導者人生で1度しか記憶にないが、最近は頻繁に起きている。
<センバツを連覇した大阪桐蔭の「全国1強時代」に突入した>と先のコラムで書いた。夏の100回記念大会も大本命。甲子園春夏連覇の確率は80%以上とみる。全国を見渡しても、ストップをかけられる能力を秘めるのは横浜だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る