• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

打倒・大阪桐蔭の可能性があるからこそ…古巣横浜に物申す

 気になる古巣の試合はたまに見ている。投打に何人かのプロ注目選手を抱える横浜(神奈川1位)が今週21日、千葉で行われた春季関東大会で、木更津総合(千葉1位)に七回コールド負けを食らった。

 現チームは「2度目」の屈辱だ。昨秋の県大会準々決勝でも鎌倉学園に8―15で八回コールド負け。センバツ甲子園への道を断たれている。今春の県大会準決勝で、その鎌倉学園を12―0の五回コールドで下し、神奈川を制した。期待していただけに不甲斐ない大敗である。

 関東大会でのコールド負けは、2014年春に霞ケ浦に七回コールド負けを喫して以来4年ぶり。私は30年近い指導者人生で1度しか記憶にないが、最近は頻繁に起きている。
<センバツを連覇した大阪桐蔭の「全国1強時代」に突入した>と先のコラムで書いた。夏の100回記念大会も大本命。甲子園春夏連覇の確率は80%以上とみる。全国を見渡しても、ストップをかけられる能力を秘めるのは横浜だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る