エ軍は正捕手に続き二塁手放出 大谷のWS出場さらに遠のく

公開日:  更新日:

 もはや完全に売り手市場に回ったのが、大谷翔平(24)の所属するエンゼルスだ。

 正捕手のマルドナド(31)に続いて、30日(日本時間31日)にはキンズラー二塁手(36)をレッドソックスへ放出。代わりにマイナーの2投手を獲得した。

 30日現在、地区首位のアストロズから12.5ゲーム離された4位。プレーオフ進出は絶望的だけに、来季以降に向けたチームづくりに舵を切ったということ。ベテランを放出して、若手有望株を獲得するのはプレーオフの望みが断たれた球団の常套手段だ。

 とはいえ、エンゼルスにはプホルス(38=21年まで10年266億円)を筆頭にコザート(32=20年まで3年42億円)、バルブエナ(32=18年まで2年17億円)など成績に見合わないベテランの高給取りがごまんといる。マルドナドやキンズラーは売れたものの、今後もトレードがうまくいくとは限らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る