打者大谷の意外な特徴 相手内野陣が極端シフトを敷くワケ

公開日:  更新日:

 大谷翔平(24)は打つことにかけて、底知れぬパワーの持ち主だ。

 その飛距離には同僚で現役最多本塁打のプホルス(38)や、MVP2回のトラウト(26)も舌を巻いているし、打球の速度もケタ違い。去る28日(日本時間29日)のマリナーズ戦で放った右翼フェンス直撃の二塁打の速度は約182キロ。昨季のメジャーで打球がそれだけの速度に達したのは全体の0・24%にすぎないし、見ていたソーシア監督は「外野フェンスに穴が開くんじゃないかと思った」という。

 さて、そんなパワーヒッターの大谷に打者として意外な特徴がある。それはフライアウトに比べてゴロアウトが圧倒的に多い点だ。

 28日時点のゴロアウト45に対し、フライアウトは30。ゴロアウトをフライアウトで割った数値の1.5は、エンゼルスのレギュラーの中で最も多い。大谷はつまり内野ゴロに仕留められる確率が異常に高いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る