二刀流がゆえの弊害…DH・代打の大谷は“潰し利かない”選手

公開日:  更新日:

 開幕直後、エンゼルスの大谷翔平(24)が本拠地のロサンゼルスはもちろん、全米に与えたインパクトは大きかった。

 投げて160キロ、打って150メートル弾。米メディアはこぞって「ベーブ・ルースの再来」「100年ぶりの二刀流」と持ち上げた。

 それから2カ月後、大谷は右肘靱帯部分断裂で故障者リスト入り。現在も投手として復帰のメドは立たず打者に専念している。それでも本拠地エンゼルスタジアムの打席に入ると、主砲のトラウト(26)に勝るとも劣らない歓声を浴びている。二刀流のインパクトがいかに大きかったかを物語っているが、「大谷が一刀流になったいま、首脳陣や周囲の評価は開幕当初と変化してきた」と放送関係者がこう続ける。

「投げて打って両方やっているうちは使い勝手の良い選手でした。けれども野手しかできないとなると、見方は百八十度変わる。エンゼルスはベンチ入り25人中、野手は大谷も含めて13人。ただでさえカツカツの人数でやっているところにもってきて、守れないのは大谷ひとりです。起用法はDHか代打に限定されるうえ、ソーシア監督は膝痛から復帰したベテランのプホルス(38)を一塁だけでなくDHで起用するケースが増えると明言している。大谷は守備に就けないから代打なら1打席だけだし、起用法はますます限られる。チームでいま、最もつぶしの利かない選手なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る