二刀流がゆえの弊害…DH・代打の大谷は“潰し利かない”選手

公開日:  更新日:

 開幕直後、エンゼルスの大谷翔平(24)が本拠地のロサンゼルスはもちろん、全米に与えたインパクトは大きかった。

 投げて160キロ、打って150メートル弾。米メディアはこぞって「ベーブ・ルースの再来」「100年ぶりの二刀流」と持ち上げた。

 それから2カ月後、大谷は右肘靱帯部分断裂で故障者リスト入り。現在も投手として復帰のメドは立たず打者に専念している。それでも本拠地エンゼルスタジアムの打席に入ると、主砲のトラウト(26)に勝るとも劣らない歓声を浴びている。二刀流のインパクトがいかに大きかったかを物語っているが、「大谷が一刀流になったいま、首脳陣や周囲の評価は開幕当初と変化してきた」と放送関係者がこう続ける。

「投げて打って両方やっているうちは使い勝手の良い選手でした。けれども野手しかできないとなると、見方は百八十度変わる。エンゼルスはベンチ入り25人中、野手は大谷も含めて13人。ただでさえカツカツの人数でやっているところにもってきて、守れないのは大谷ひとりです。起用法はDHか代打に限定されるうえ、ソーシア監督は膝痛から復帰したベテランのプホルス(38)を一塁だけでなくDHで起用するケースが増えると明言している。大谷は守備に就けないから代打なら1打席だけだし、起用法はますます限られる。チームでいま、最もつぶしの利かない選手なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る