• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

特大の8号ソロも…打者大谷に「主砲復帰」と「左腕」の壁

 打者としての調子は上がってきた。

 エンゼルス・大谷翔平(24)が23日(日本時間24日)のホワイトソックス戦で8号ソロ。8日のドジャース戦以来、9試合ぶりの一発は、中堅スタンドに叩き込む飛距離133メートルの特大弾だった。

 痛めた右肘は再検査の結果、チームドクターから「投球に支障なし」と診断され、すでにキャッチボールを再開。ソーシア監督は「まだ初歩的な段階だけど順調だ」と満足そうに話す。もっとも、投手復帰に関しては「肝心なのは遠投やマウンドからの投球練習をやったときにどうなるか」と慎重な姿勢を崩さなかった。

 患部に少しでも異常が生じれば、今季の残り試合は打者に専念することになりそうだが、だからといって今後もDHのポジションを保証されているわけではない。

 この日は左膝の炎症で故障者リスト(DL)入りしていた主砲プホルスが復帰。「5番・一塁」に名を連ね、大谷は前日の5番から6番に降格した。指揮官は膝に不安を抱える主砲の起用法に関して「時には休養を与え、時にはDHでも起用する」と明言。大谷は守備に就かないため、プホルスがDHで出場する際は当然、ベンチを温めることになる。プホルスの今季年俸はトラウト(約37億円)に次ぐ約29億円。実績に加えて高給取りだけに指揮官としても使わざるを得ない。大谷と併用せざるを得ないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る