特大の8号ソロも…打者大谷に「主砲復帰」と「左腕」の壁

公開日:

 打者としての調子は上がってきた。

 エンゼルス・大谷翔平(24)が23日(日本時間24日)のホワイトソックス戦で8号ソロ。8日のドジャース戦以来、9試合ぶりの一発は、中堅スタンドに叩き込む飛距離133メートルの特大弾だった。

 痛めた右肘は再検査の結果、チームドクターから「投球に支障なし」と診断され、すでにキャッチボールを再開。ソーシア監督は「まだ初歩的な段階だけど順調だ」と満足そうに話す。もっとも、投手復帰に関しては「肝心なのは遠投やマウンドからの投球練習をやったときにどうなるか」と慎重な姿勢を崩さなかった。

 患部に少しでも異常が生じれば、今季の残り試合は打者に専念することになりそうだが、だからといって今後もDHのポジションを保証されているわけではない。

 この日は左膝の炎症で故障者リスト(DL)入りしていた主砲プホルスが復帰。「5番・一塁」に名を連ね、大谷は前日の5番から6番に降格した。指揮官は膝に不安を抱える主砲の起用法に関して「時には休養を与え、時にはDHでも起用する」と明言。大谷は守備に就かないため、プホルスがDHで出場する際は当然、ベンチを温めることになる。プホルスの今季年俸はトラウト(約37億円)に次ぐ約29億円。実績に加えて高給取りだけに指揮官としても使わざるを得ない。大谷と併用せざるを得ないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る