特大の8号ソロも…打者大谷に「主砲復帰」と「左腕」の壁

公開日:

 打者としての調子は上がってきた。

 エンゼルス・大谷翔平(24)が23日(日本時間24日)のホワイトソックス戦で8号ソロ。8日のドジャース戦以来、9試合ぶりの一発は、中堅スタンドに叩き込む飛距離133メートルの特大弾だった。

 痛めた右肘は再検査の結果、チームドクターから「投球に支障なし」と診断され、すでにキャッチボールを再開。ソーシア監督は「まだ初歩的な段階だけど順調だ」と満足そうに話す。もっとも、投手復帰に関しては「肝心なのは遠投やマウンドからの投球練習をやったときにどうなるか」と慎重な姿勢を崩さなかった。

 患部に少しでも異常が生じれば、今季の残り試合は打者に専念することになりそうだが、だからといって今後もDHのポジションを保証されているわけではない。

 この日は左膝の炎症で故障者リスト(DL)入りしていた主砲プホルスが復帰。「5番・一塁」に名を連ね、大谷は前日の5番から6番に降格した。指揮官は膝に不安を抱える主砲の起用法に関して「時には休養を与え、時にはDHでも起用する」と明言。大谷は守備に就かないため、プホルスがDHで出場する際は当然、ベンチを温めることになる。プホルスの今季年俸はトラウト(約37億円)に次ぐ約29億円。実績に加えて高給取りだけに指揮官としても使わざるを得ない。大谷と併用せざるを得ないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る