17戦連続安打 巨人・吉川尚輝が坂本勇の尻に火をつける

公開日:  更新日:

 巨人の元ドラ1が好調だ。

 7月31日のDeNA戦に「2番・遊撃」で出場した吉川尚輝(23)は、初回に先制の適時二塁打を放つと、二回には右翼席に運ぶ3ラン。5打数3安打4打点の活躍を見せ、1番の重信とのコンビで全得点を叩き出した。内海の4年ぶりの完封勝利をアシストした吉川尚は「つなぐ意識で打席に入った。ランナーが走っていたので、打球がいい所に飛んでくれて良かった」と喜んだ。高橋由伸監督(43)は「よく走って、よく打って、よく動いてくれた。(1、2番は)若い2人が今日みたいな持ち味を出してくれると、チームとしてもうれしい」と褒めちぎった。

 左脇腹を痛め、登録を抹消されている坂本勇人(29)に代わり、遊撃に入って12試合目。巨人では長年、坂本の聖域となっていたポジションで、先輩の故障離脱により、巡ってきたチャンスでもある。中京学院大時代は主に遊撃手。二塁より本職の遊撃に就き、打撃の状態も上がってきたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る