• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

甲子園の経済効果は約433億 高野連は収入倍増でボロ儲け

 破格である。

 5日に開幕する夏の甲子園100回大会に関して昨1日、関西大名誉教授の宮本勝浩氏が経済効果を算出。過去最高となる約433億3256万円となった。前回大会の経済効果は350億8080万円だった。

 宮本氏は大幅増について、3つの要因を挙げた。

①出場校が7校増え、試合数が7試合増加し、大会日数が2日増えたこと

②これまで無料であった外野席が有料になり、内野席やアルプス席も値上げされたこと

③第100回の記念大会であること

 そして宮本氏は、「プロ野球と比べると、入場料が非常に安価な料金設定にもかかわらず、たった16日間で約433億円という大きな経済波及効果をもたらすことは驚くべきことである」と述べた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る