• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

甲子園問題の識者としてプロ野球OBは最もふさわしくない

 連日の炎暑酷暑による熱中症などが社会問題になる中、昨今の球界では毎年8月に開催される夏の高校野球・甲子園大会の是非が議論の対象となっている。最高気温40度に達することもある炎天下の日中に、体力消耗が激しい長時間スポーツを短期間のトーナメント形式という、連戦にならざるを得ない日程で展開するわけだから、冷静に考えればアウトだろう。

 だから、最近では、

「そもそも甲子園だけで開催しなくてもいいのではないか?」

「ドーム球場をうまく使えばいいのではないか?」

「夏休みの短期間で集中的に試合を消化しなくても良いのではないか?」

 などといった合理性を重視した改革案が一部のカウンター的なメディアで飛び交うようになった。確かに理屈だけで考えれば、いくらでも改革できる。特に球場については、野球の大会なのだから甲子園だけにこだわる必要はない。そこに固執する理由は、甲子園の聖地化を信仰する感情論と、従来のものを変えたくないという保守的な思想によるものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る