山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

甲子園問題の識者としてプロ野球OBは最もふさわしくない

公開日:

 連日の炎暑酷暑による熱中症などが社会問題になる中、昨今の球界では毎年8月に開催される夏の高校野球・甲子園大会の是非が議論の対象となっている。最高気温40度に達することもある炎天下の日中に、体力消耗が激しい長時間スポーツを短期間のトーナメント形式という、連戦にならざるを得ない日程で展開するわけだから、冷静に考えればアウトだろう。

 だから、最近では、

「そもそも甲子園だけで開催しなくてもいいのではないか?」

「ドーム球場をうまく使えばいいのではないか?」

「夏休みの短期間で集中的に試合を消化しなくても良いのではないか?」

 などといった合理性を重視した改革案が一部のカウンター的なメディアで飛び交うようになった。確かに理屈だけで考えれば、いくらでも改革できる。特に球場については、野球の大会なのだから甲子園だけにこだわる必要はない。そこに固執する理由は、甲子園の聖地化を信仰する感情論と、従来のものを変えたくないという保守的な思想によるものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る