松山英樹は連覇遠のく…クラブを替えても不安解消できず

公開日:  更新日:

【WGCブリヂストン招待】

 去年の今頃に比べてゴルフが下手になっていないだろうか。

 松山英樹(26)のプレーを見ていると、そんな印象を受ける。

 昨季はHSBCチャンピオンズとフェニックスオープンに優勝。全米オープン2位でファンを沸かせ、この大会は最終日に61と爆発し逆転V。翌週の全米プロでも優勝争いを演じた。世界ランク3位でフェデックスポイントレースでもトップを走り、プレーオフでは年間王者の有力候補にも挙げられていた。あの松山はどこへ行ったのか。

 今季は勝ち星がなく、ベストフィニッシュは4位タイ。今大会の開幕前の会見では「(ショットもパットも)自信があるものは何もない」と語っていた。それでも初日は3アンダー、21位とまずまずのスタートだった。2日目は通算11アンダーで首位に3人が並び、松山もどこまでスコアを伸ばすかと注目を集めたが、スコアを2つ落とし、通算1アンダーの37位タイ。連覇は厳しくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る