松山英樹は連覇遠のく…クラブを替えても不安解消できず

公開日:  更新日:

【WGCブリヂストン招待】

 去年の今頃に比べてゴルフが下手になっていないだろうか。

 松山英樹(26)のプレーを見ていると、そんな印象を受ける。

 昨季はHSBCチャンピオンズとフェニックスオープンに優勝。全米オープン2位でファンを沸かせ、この大会は最終日に61と爆発し逆転V。翌週の全米プロでも優勝争いを演じた。世界ランク3位でフェデックスポイントレースでもトップを走り、プレーオフでは年間王者の有力候補にも挙げられていた。あの松山はどこへ行ったのか。

 今季は勝ち星がなく、ベストフィニッシュは4位タイ。今大会の開幕前の会見では「(ショットもパットも)自信があるものは何もない」と語っていた。それでも初日は3アンダー、21位とまずまずのスタートだった。2日目は通算11アンダーで首位に3人が並び、松山もどこまでスコアを伸ばすかと注目を集めたが、スコアを2つ落とし、通算1アンダーの37位タイ。連覇は厳しくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る