松山は5打差21位T 不安定なティーショットでも好スタート

公開日:

【WGCブリヂストン招待】

 連覇を狙う松山英樹(26)が、首位に5打差21位発進となった。

 初日(インスタート)の見せ場は1オーバーで迎えた16番パー5。ピンまで131ヤードの第3打をピン奥1.8メートルに乗せると、ボールはバックスピンで戻り、カップインイーグル。

 バック9は、1番、5番、6番でスコアを順調に伸ばすも、ラストホールの9番パー4が痛かった。昨年の最難関ホール(同平均スコア4.93)で第1打を右に大きく曲げ、第2打はグリーン右奥のラフへ。アプローチは1.8メートルに寄せたがパーパットを外し、3アンダーで初日を終えた。

「ティーショットがフェアウエーに行かなかったが、何とかアンダーで回れて良かった。(16番の第2打は右のラフから)イメージ通り打てた。去年も何回かあそこから打っている。(5番のグリーン右ラフからのチップインは)何回もアプローチしているところで、グリーンが速いことも知っていた。難しいが慣れている。(第1打を右に大きく曲げた9番は)パーパットをミスしてもったいなかった。久々にいいスタートが切れたので4日間つづけたい」(松山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る