• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

録画放送で視聴率低迷 高3アマ安田祐香の善戦が唯一の救い

【大東建託・いい部屋ネットレディス】 

 テレビ放送が始まった15時30分すぎにアナウンサーが熱っぽく、「富士山の麓でいよいよチャンピオンが決まりますね」と語ったが、その1時間以上も前にネットでは結果が伝えられていた。

 黄アルム(30)がイ・ミニョン(26)とのプレーオフを制して9年ぶりに勝ったニュースはネットを見れば誰でもすぐにわかった。

 これは試合が終わった後に録画放送するテレビ局にとって痛手だ。

 実際、放送開始前に試合の行方がわかり、しかも外国人プロ優勝だと視聴率に少なからず影響が出ている。

 今季はダイキンオーキッド4.4%(優勝イ・ミニョン、前年6.2%)、アクサレディス3.9%(フェービー・ヤオ、4.3%)、中京テレビBSレディス4.3%(ペ・ヒギョン、6.0%)、センチュリー4.7%(K・ギルマン、5.5%)と前年より数字が落ちている(視聴率はビデオリサーチ調べ・GTPA資料)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る