石橋杏奈に触発? 楽天・松井裕が始めた13万円の食事改革

公開日:

 伴侶の支えで「前職」に復帰できるか。

 女優の石橋杏奈(26)と今オフに挙式をすると報じられた楽天の松井裕樹(22)。昨季まで3年連続30セーブ以上を記録していたが、今季は大苦戦。開幕から救援失敗が続き、守護神の座を剥奪された。6月には約1カ月間の二軍生活。ちょうど石橋との交際が報じられたタイミングとあって愛する人は“サゲマン”と揶揄されていた。しかし、一軍昇格後は中継ぎとして4勝するなど復調。松井は序盤の不調について、フォームやリリースポイントを原因に挙げつつ、こう言った。

「去年から体重が増えてしまうところも課題だったので、春から食事量を少なめにして、元に戻してからはうまくいくようになりました」

 二軍に落ちる直前には高性能フードプロセッサー「バイタミックス」を購入。女優の彼女に影響されて買ったと思われるハイテク家電で、食事改革を始めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る