• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

混合ダブルス参戦のカー娘 北京五輪は“ママでメダル”も?

 平昌五輪で、日本勢初の表彰台(銅メダル)に立った女子カーリング日本代表のロコ・ソラーレ(LS)北見のメンバーが、3月の日本混合ダブルス選手権(青森市)に出場する。

 スキップ藤沢五月(26)、サード吉田知那美(26)、リード吉田夕梨花(24)の3人が、それぞれ男子代表のSC軽井沢クラブの選手と組んで、混合ダブルス世界選手権(4月=スウェーデン)への出場権獲得を目指す。この種目は平昌から正式種目として実施。4人制と同様に世界の注目を集めたことから、日本協会は今後、本格的な強化に乗り出すという。

 新種目は4人制以上にコンビネーションが要求される。人数が2人と少ないため、ミスショットした際、互いのサポートが重要になり、ペアの力量に加えて2人の相性が勝敗を大きく左右する。

 気心が知れた2人がペアを組むケースが多く、今大会銅メダルのロシア組(後にドーピングで剥奪)は夫婦だ。3位に繰り上がったノルウェー組は結婚していないものの、普段はノルウェー市内の練習拠点で共同生活を送っている。ウマが合うペアに巡り合うまで男女とも離合集散を繰り返すため、フィーリングが一致する相手が見つかると、より結びつきが強くなるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る