混合ダブルス参戦のカー娘 北京五輪は“ママでメダル”も?

公開日:

 平昌五輪で、日本勢初の表彰台(銅メダル)に立った女子カーリング日本代表のロコ・ソラーレ(LS)北見のメンバーが、3月の日本混合ダブルス選手権(青森市)に出場する。

 スキップ藤沢五月(26)、サード吉田知那美(26)、リード吉田夕梨花(24)の3人が、それぞれ男子代表のSC軽井沢クラブの選手と組んで、混合ダブルス世界選手権(4月=スウェーデン)への出場権獲得を目指す。この種目は平昌から正式種目として実施。4人制と同様に世界の注目を集めたことから、日本協会は今後、本格的な強化に乗り出すという。

 新種目は4人制以上にコンビネーションが要求される。人数が2人と少ないため、ミスショットした際、互いのサポートが重要になり、ペアの力量に加えて2人の相性が勝敗を大きく左右する。

 気心が知れた2人がペアを組むケースが多く、今大会銅メダルのロシア組(後にドーピングで剥奪)は夫婦だ。3位に繰り上がったノルウェー組は結婚していないものの、普段はノルウェー市内の練習拠点で共同生活を送っている。ウマが合うペアに巡り合うまで男女とも離合集散を繰り返すため、フィーリングが一致する相手が見つかると、より結びつきが強くなるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る