宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

公開日:

 宮里藍が21日、自身のブログで「兼ねてからお付き合いしていた方と6月19日に入籍致しました」と結婚を発表した。入籍は33歳の誕生日で、相手はマネジャーの座親匠氏だ。

 日刊ゲンダイは2009年8月5日付の紙面で「今オフ結婚へ」と報道した。ツアー転戦で一緒に行動する米女子プロの間で2人の恋仲は周知の事実であり、結婚も時間の問題だと盛り上がっていたからだ。

 当時、日刊ゲンダイの記事に宮里は「ばっかみたい」とマネジャーとの関係をけむに巻いたが、それもメジャーに勝つまでは結婚しないと宣言しておりスポンサーやファン、それに世間体を気にしていたのもある。

 もちろんマネジャーが契約選手と恋仲になるなどご法度だ。さらに2人の交際を08年に知った父・優氏も大反対だった。

 藍は06年から米ツアーに主戦場を移したが、09年エビアン・マスターズで初優勝するまで、しばらく勝てなかったのも周囲が反対した原因だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る