投球練習再開で制限される打席…大谷は本塁打を増やせるか

公開日: 更新日:

「いまはまだ、投手として軽い調整だが、段階が上がればリカバリーに費やす日も考慮しなければならない。打者としての出場は、医療スタッフの評価をもとに決めていくことになる」

 エンゼルスのソーシア監督が8日(日本時間9日)、大谷翔平(24)に関してこう言った。

 11日(同12日)にはブルペンで投球練習を再開。今後、投手としての調整が進むにしたがって肩肘を休ませる必要が出てくるから、ただでさえ打者としての出場は制限される。

 さらに現地9月1日以降の29試合は、ホワイトソックス3連戦を除いてすべて同地区との対戦。大谷は同地区の試合に限ると打率.229、1本塁打とサッパリなのだ。

 同地区では首位のアストロズに加え、マリナーズ、アスレチックスもプレーオフの可能性を残している。すでに消化試合に突入しているエンゼルス戦での取りこぼしは避けようと、目の色を変えてくる。中軸を打つ大谷へのマークはこれまで以上に厳しくなる。

 大谷はスタメン出場した最近の5試合で3本塁打。打撃の調子は上向いている。今後は打席数が減るうえ、終盤は難敵が控えているだけに、本塁打を量産するならいまのうちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る