愛工大名電・倉野監督に聞く スポーツ界パワハラ指導と今

公開日:  更新日:

 30年ぶりに夏の初戦を突破したのが、あす登場する愛工大名電(西愛知)だ。春夏通じて21回の甲子園出場を誇る県内屈指の強豪校。倉野光生監督(59)は、1981年に同校コーチとなり、97年から監督を務めるなど指導歴は長い。日大アメフト部など、選手へのパワハラが問題になる昨今、どのように部員と接しているのか、倉野監督に聞いた。

 ――昔の子と今の子では、教え方も変わってきますか。

「確かに違いは感じますね。小・中のゆとり教育、個人主義、個性の尊重など、教育の現場は変わってきた。そうした影響なのか、『自分のことが自分でできない』という子が増えてきましたね」

 ――どういうことですか。

「ウチの野球部は全寮制。昔は掃除にしろ洗濯にしろ、自分で自己管理ができる、大人みたいに気の利いた子がちょこちょこいたんです。でも、最近の子は全部、親にやってもらっているでしょう。そこを教え込む手間はかかりますが、それさえクリアできたら、後は昔と変わらない。いや、今の子の方がスピードは進化しているかもしれませんね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る