• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛工大名電・倉野監督に聞く スポーツ界パワハラ指導と今

 30年ぶりに夏の初戦を突破したのが、あす登場する愛工大名電(西愛知)だ。春夏通じて21回の甲子園出場を誇る県内屈指の強豪校。倉野光生監督(59)は、1981年に同校コーチとなり、97年から監督を務めるなど指導歴は長い。日大アメフト部など、選手へのパワハラが問題になる昨今、どのように部員と接しているのか、倉野監督に聞いた。

 ――昔の子と今の子では、教え方も変わってきますか。

「確かに違いは感じますね。小・中のゆとり教育、個人主義、個性の尊重など、教育の現場は変わってきた。そうした影響なのか、『自分のことが自分でできない』という子が増えてきましたね」

 ――どういうことですか。

「ウチの野球部は全寮制。昔は掃除にしろ洗濯にしろ、自分で自己管理ができる、大人みたいに気の利いた子がちょこちょこいたんです。でも、最近の子は全部、親にやってもらっているでしょう。そこを教え込む手間はかかりますが、それさえクリアできたら、後は昔と変わらない。いや、今の子の方がスピードは進化しているかもしれませんね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る