来季メジャー挑戦濃厚の西武・菊池雄星はメンタルに瑕疵

公開日:

 オフのメジャー挑戦がウワサされる西武・菊池雄星(27)の周辺が慌ただしくなってきた。

 レッドソックスはすでに、アシスタントGMが2度来日して投球を念入りにチェックした。菊池獲得に本腰を入れる球団は今後、編成のしかるべき立場の人間が大挙して日本に押し寄せることになる。本気で菊池を狙うわたしもウカウカできないが、前回、来日したときに気になる話を耳にした。西武のライバル球団のスコアラーが、菊池の精神面のキズについてこっそり、レクチャーしてくれたのだ。そのスコアラーによれば、菊池は精神的にモロいという。

 例えば、テークバックの際の左手の位置を本人はセンチ単位で気にしているそうだ。動作解析の専門家がレクチャーしているのかどうかは定かじゃないが、彼なりに理想とするテークバックの位置があって、左手が正確にその場所におさまっていないと不安で仕方がないのだろう。マニュアルに頼り、その通りに投げることで安心する。つまり自分であり、自分のフォームに自信がないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る