来季メジャー挑戦濃厚の西武・菊池雄星はメンタルに瑕疵

公開日:

 オフのメジャー挑戦がウワサされる西武・菊池雄星(27)の周辺が慌ただしくなってきた。

 レッドソックスはすでに、アシスタントGMが2度来日して投球を念入りにチェックした。菊池獲得に本腰を入れる球団は今後、編成のしかるべき立場の人間が大挙して日本に押し寄せることになる。本気で菊池を狙うわたしもウカウカできないが、前回、来日したときに気になる話を耳にした。西武のライバル球団のスコアラーが、菊池の精神面のキズについてこっそり、レクチャーしてくれたのだ。そのスコアラーによれば、菊池は精神的にモロいという。

 例えば、テークバックの際の左手の位置を本人はセンチ単位で気にしているそうだ。動作解析の専門家がレクチャーしているのかどうかは定かじゃないが、彼なりに理想とするテークバックの位置があって、左手が正確にその場所におさまっていないと不安で仕方がないのだろう。マニュアルに頼り、その通りに投げることで安心する。つまり自分であり、自分のフォームに自信がないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る