• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来季メジャー挑戦濃厚の西武・菊池雄星はメンタルに瑕疵

 オフのメジャー挑戦がウワサされる西武・菊池雄星(27)の周辺が慌ただしくなってきた。

 レッドソックスはすでに、アシスタントGMが2度来日して投球を念入りにチェックした。菊池獲得に本腰を入れる球団は今後、編成のしかるべき立場の人間が大挙して日本に押し寄せることになる。本気で菊池を狙うわたしもウカウカできないが、前回、来日したときに気になる話を耳にした。西武のライバル球団のスコアラーが、菊池の精神面のキズについてこっそり、レクチャーしてくれたのだ。そのスコアラーによれば、菊池は精神的にモロいという。

 例えば、テークバックの際の左手の位置を本人はセンチ単位で気にしているそうだ。動作解析の専門家がレクチャーしているのかどうかは定かじゃないが、彼なりに理想とするテークバックの位置があって、左手が正確にその場所におさまっていないと不安で仕方がないのだろう。マニュアルに頼り、その通りに投げることで安心する。つまり自分であり、自分のフォームに自信がないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る