“不敗神話”途切れず 西武・菊池にメジャー12球団が熱視線

公開日:

「不敗神話」は途切れなかった。

 15日の中日戦に先発した西武の菊池雄星(26)は今季、ここまで7勝0敗と負けなし。この日は木下にソロ本塁打を浴びるなど8回を6安打2失点、8奪三振。2点ビハインドのまま降板したものの、直後に味方が同点に追い付いて黒星が消えると、チームは延長十回にサヨナラ勝ちした。

 そんな“持っている”左腕を、メジャーのスカウトはどう見たか。この日はヤンキース、カブス、ドジャース、レンジャーズ、フィリーズなど計12球団、20人以上のスカウトが視察。熱視線を送ったナ・リーグ球団のあるスカウトは、菊池の投球をこう絶賛した。

「打たれたヒットは(内野安打や失策がらみなど)不運なものが多かった。117球中85球がストライク。(左肩の張りで登録を抹消される以前の)5月4日の登板に比べると、縮こまっていた腕もしなやかに振れていた。フォームも修正されていたので、はるかに良くなった。(木下の)本塁打は完全な失投だったけど、三振も多く、球のキレも良かった」

 最速は152キロにとどまったが、中日の波留打撃コーチは「スピード自体はそこまで出ていなかったけど、スライダーのキレが良かった」と変化球の質の良さに脱帽していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る