“不敗神話”途切れず 西武・菊池にメジャー12球団が熱視線

公開日: 更新日:

「不敗神話」は途切れなかった。

 15日の中日戦に先発した西武菊池雄星(26)は今季、ここまで7勝0敗と負けなし。この日は木下にソロ本塁打を浴びるなど8回を6安打2失点、8奪三振。2点ビハインドのまま降板したものの、直後に味方が同点に追い付いて黒星が消えると、チームは延長十回にサヨナラ勝ちした。

 そんな“持っている”左腕を、メジャーのスカウトはどう見たか。この日はヤンキース、カブス、ドジャース、レンジャーズ、フィリーズなど計12球団、20人以上のスカウトが視察。熱視線を送ったナ・リーグ球団のあるスカウトは、菊池の投球をこう絶賛した。

「打たれたヒットは(内野安打や失策がらみなど)不運なものが多かった。117球中85球がストライク。(左肩の張りで登録を抹消される以前の)5月4日の登板に比べると、縮こまっていた腕もしなやかに振れていた。フォームも修正されていたので、はるかに良くなった。(木下の)本塁打は完全な失投だったけど、三振も多く、球のキレも良かった」

 最速は152キロにとどまったが、中日の波留打撃コーチは「スピード自体はそこまで出ていなかったけど、スライダーのキレが良かった」と変化球の質の良さに脱帽していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る