“不敗神話”途切れず 西武・菊池にメジャー12球団が熱視線

公開日:

「不敗神話」は途切れなかった。

 15日の中日戦に先発した西武の菊池雄星(26)は今季、ここまで7勝0敗と負けなし。この日は木下にソロ本塁打を浴びるなど8回を6安打2失点、8奪三振。2点ビハインドのまま降板したものの、直後に味方が同点に追い付いて黒星が消えると、チームは延長十回にサヨナラ勝ちした。

 そんな“持っている”左腕を、メジャーのスカウトはどう見たか。この日はヤンキース、カブス、ドジャース、レンジャーズ、フィリーズなど計12球団、20人以上のスカウトが視察。熱視線を送ったナ・リーグ球団のあるスカウトは、菊池の投球をこう絶賛した。

「打たれたヒットは(内野安打や失策がらみなど)不運なものが多かった。117球中85球がストライク。(左肩の張りで登録を抹消される以前の)5月4日の登板に比べると、縮こまっていた腕もしなやかに振れていた。フォームも修正されていたので、はるかに良くなった。(木下の)本塁打は完全な失投だったけど、三振も多く、球のキレも良かった」

 最速は152キロにとどまったが、中日の波留打撃コーチは「スピード自体はそこまで出ていなかったけど、スライダーのキレが良かった」と変化球の質の良さに脱帽していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る