二刀流からエース奪還 大阪桐蔭の“背番号1”柿木が評価上昇

公開日:

 史上初の2度目の甲子園春夏連覇を果たした大阪桐蔭(北大阪)の優勝報告会が24日、大阪府大東市の同校で行われた。

 付属中学、高校の生徒ら約1600人に迎えられたナインはその後、大東市役所と大阪府庁を訪問。大会前に優勝を約束した松井府知事に「有言実行で素晴らしい」とねぎらわれた。引っ張りダコのナインにあって、特に忙しいのはエースの柿木蓮(3年)だ。前日は地元の佐賀県多久市長を表敬訪問。大阪にとんぼ帰りしていた。

 最強校の背番号1を背負いながら、これまで根尾、藤原の1位候補の陰に隠れ、あまり目立たなかった。実際、センバツ決勝の智弁和歌山戦や北大阪大会準決勝の履正社戦など、強敵相手には必ず根尾が先発してきた。

 それが、今夏の甲子園は6試合全てに登板。今大会最速の151キロをマークし、準決勝、決勝を含む3試合で完投した。「大事な試合はずっと根尾だった。エースとして自分が投げたかった」と西谷監督に決勝の先発を直訴。2試合に先発した「二刀流」根尾から「エース」の座を奪還し、自力でプロの評価を上げることに成功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る