二刀流からエース奪還 大阪桐蔭の“背番号1”柿木が評価上昇

公開日:

 史上初の2度目の甲子園春夏連覇を果たした大阪桐蔭(北大阪)の優勝報告会が24日、大阪府大東市の同校で行われた。

 付属中学、高校の生徒ら約1600人に迎えられたナインはその後、大東市役所と大阪府庁を訪問。大会前に優勝を約束した松井府知事に「有言実行で素晴らしい」とねぎらわれた。引っ張りダコのナインにあって、特に忙しいのはエースの柿木蓮(3年)だ。前日は地元の佐賀県多久市長を表敬訪問。大阪にとんぼ帰りしていた。

 最強校の背番号1を背負いながら、これまで根尾、藤原の1位候補の陰に隠れ、あまり目立たなかった。実際、センバツ決勝の智弁和歌山戦や北大阪大会準決勝の履正社戦など、強敵相手には必ず根尾が先発してきた。

 それが、今夏の甲子園は6試合全てに登板。今大会最速の151キロをマークし、準決勝、決勝を含む3試合で完投した。「大事な試合はずっと根尾だった。エースとして自分が投げたかった」と西谷監督に決勝の先発を直訴。2試合に先発した「二刀流」根尾から「エース」の座を奪還し、自力でプロの評価を上げることに成功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る