藤原は虎ドラ1候補、根尾は…大阪桐蔭の目玉2選手の行く末

公開日: 更新日:

「どうも阪神さんは藤原(大阪桐蔭、外野手)にご執心らしいね」

 こう話すのは、あるパのスカウトだ。

 21日の決勝戦では、5打数3安打2打点の活躍。今大会通算12安打11打点、3本塁打、打率.462の数字を残している。

 かねてプロ注目の外野手として知られ、今秋のドラ1指名はほぼ確実。ということは、阪神は競合覚悟で1位指名するということか。

 冒頭のスカウトが言う。

「いや、一本釣りできる可能性もありますよ。スカウトの中には『藤原は今以上にパワーが伸びるか疑問。外野手というのも、つぶしが利かない。せいぜい外れ1位レベル』と言う者もいる」

 さらにこのスカウトは続ける。

「それでも外野のレギュラーを育てたい阪神にとっては垂涎の的。糸井(37)、福留(41)はトシがトシでしょう。高山(25)は年齢こそ若いが伸び悩んでいる。その点、地元大阪出身の藤原は走攻守と三拍子揃っている。外野が広い甲子園でこそ生きる選手だと、狙いを定めているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る