藤原は虎ドラ1候補、根尾は…大阪桐蔭の目玉2選手の行く末

公開日: 更新日:

「どうも阪神さんは藤原(大阪桐蔭、外野手)にご執心らしいね」

 こう話すのは、あるパのスカウトだ。

 21日の決勝戦では、5打数3安打2打点の活躍。今大会通算12安打11打点、3本塁打、打率.462の数字を残している。

 かねてプロ注目の外野手として知られ、今秋のドラ1指名はほぼ確実。ということは、阪神は競合覚悟で1位指名するということか。

 冒頭のスカウトが言う。

「いや、一本釣りできる可能性もありますよ。スカウトの中には『藤原は今以上にパワーが伸びるか疑問。外野手というのも、つぶしが利かない。せいぜい外れ1位レベル』と言う者もいる」

 さらにこのスカウトは続ける。

「それでも外野のレギュラーを育てたい阪神にとっては垂涎の的。糸井(37)、福留(41)はトシがトシでしょう。高山(25)は年齢こそ若いが伸び悩んでいる。その点、地元大阪出身の藤原は走攻守と三拍子揃っている。外野が広い甲子園でこそ生きる選手だと、狙いを定めているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る