• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤原は虎ドラ1候補、根尾は…大阪桐蔭の目玉2選手の行く末

「どうも阪神さんは藤原(大阪桐蔭、外野手)にご執心らしいね」

 こう話すのは、あるパのスカウトだ。

 21日の決勝戦では、5打数3安打2打点の活躍。今大会通算12安打11打点、3本塁打、打率.462の数字を残している。

 かねてプロ注目の外野手として知られ、今秋のドラ1指名はほぼ確実。ということは、阪神は競合覚悟で1位指名するということか。

 冒頭のスカウトが言う。

「いや、一本釣りできる可能性もありますよ。スカウトの中には『藤原は今以上にパワーが伸びるか疑問。外野手というのも、つぶしが利かない。せいぜい外れ1位レベル』と言う者もいる」

 さらにこのスカウトは続ける。

「それでも外野のレギュラーを育てたい阪神にとっては垂涎の的。糸井(37)、福留(41)はトシがトシでしょう。高山(25)は年齢こそ若いが伸び悩んでいる。その点、地元大阪出身の藤原は走攻守と三拍子揃っている。外野が広い甲子園でこそ生きる選手だと、狙いを定めているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る