憧れは巨人と即答 金足農・吉田をドラ1指名する球団の名前

公開日:  更新日:

「金足農フィーバー」は夏の甲子園準優勝から一夜明けた22日も冷めやらない。

 ナインは午後、空路凱旋。約1400人が出迎えた秋田空港でバスに乗り継ぎ、4時半ごろ、市民や生徒の待つ学校に到着した。

「準優勝はみなさんの声援のおかげです」

 エースの吉田輝星がこう挨拶すると、喝采を浴びた。

 テレビのワイドショーも朝から金足農を取り上げた。話題の中心はやはり吉田で、進学か、プロ入りか、その進路に注目が集まっている。

 吉田はそもそも、プロ志向が強い。かねて周囲には「プロに行きたい」と話していたし、実際、決勝終了後も「いずれはプロで日本を代表する投手になりたい」とコメントしている。

 しかし、当初は、高校から直接プロ入りして勝負するだけの自信がなかった。周囲も本人のプロ志向を知りながら、笑い飛ばしていた。全国大会での実績もなく、そこまでの投手とは本人も周囲も思わなかった。プロ入りは「時期尚早」と判断していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る