憧れは巨人と即答 金足農・吉田をドラ1指名する球団の名前

公開日:  更新日:

「金足農フィーバー」は夏の甲子園準優勝から一夜明けた22日も冷めやらない。

 ナインは午後、空路凱旋。約1400人が出迎えた秋田空港でバスに乗り継ぎ、4時半ごろ、市民や生徒の待つ学校に到着した。

「準優勝はみなさんの声援のおかげです」

 エースの吉田輝星がこう挨拶すると、喝采を浴びた。

 テレビのワイドショーも朝から金足農を取り上げた。話題の中心はやはり吉田で、進学か、プロ入りか、その進路に注目が集まっている。

 吉田はそもそも、プロ志向が強い。かねて周囲には「プロに行きたい」と話していたし、実際、決勝終了後も「いずれはプロで日本を代表する投手になりたい」とコメントしている。

 しかし、当初は、高校から直接プロ入りして勝負するだけの自信がなかった。周囲も本人のプロ志向を知りながら、笑い飛ばしていた。全国大会での実績もなく、そこまでの投手とは本人も周囲も思わなかった。プロ入りは「時期尚早」と判断していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る