金足農元監督が激白「吉田は『八戸にお世話に』と言った」

公開日:

 ――吉田は正村監督の指導があって成長したと。

「見てもらってスライダーがキレるようになったことで三振が取れるようになり、投球の幅もグンと広がった。ピンチでもマウンドで動じなくなった。選手にとって自分に合う指導者と出会うことは本当に大切だと思いました」

 ――秋田予選の前、プロ野球の東北担当スカウトは、金足農の中泉監督から「吉田は八戸学院大へ進学する」と告げられたそうです。なぜ、進学なのですか? プロは考えなかったのですか?

「わたしの教え子が何人かプロに入りました。直接、プロに行った子もいれば、大学、社会人を経てプロに行った子もいます。吉田にはこの選手はこう、この選手はこうと説明しました。ただ、いまの時代、大学は出た方が後々、よいのではないかと。プロ野球選手で何十年も活躍する選手は少ない。野球をやめた後の人生の方が長いわけです。その後の人生を考えると、やはり大学は出た方がよいという話は、吉田にしました。(大学で)4年間、やってからでも(プロ入りは)遅くはないと。高卒と大卒では(プロでの)給料も違いますし」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る