金足農元監督が激白「吉田は『八戸にお世話に』と言った」

公開日:

「わたしは(一昨年まで)ノースアジア大(秋田)の監督をしていて、八戸学院大の正村監督はリーグ戦の対戦相手でした。(監督を)辞めるときに1部から3部までの監督が送別会を開いてくれたのですが、そのときに都合がつかずに来られなかった正村監督が『秋田へ行くので改めて送別会をやりたい』と言ってくれたのです。吉田はストレートに関しては球威があるのですが、スライダーのキレがなかった。八戸学院大の投手にキレのよいスライダーを投げる投手がいたので、正村監督が送別会をしに秋田に来てくれたときに見てもらえないかとお願いしたのです」

 ――かなりの頻度で見てもらったのですか。

「八戸学院大の野球部は火曜が練習休み。なので毎週というわけではありませんが、主に火曜日に八戸から秋田まで車で片道4時間かけて教えに来てくれました。八戸学院大は春のリーグ戦で(大学選手権の行われる)神宮まであと一歩のところまで行った。わたしは正村監督にチームを優先してくださいと言ったのですが、秋田で夏の県大会が始まる前は2~3日来てもらったこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る