韓国撃破の立役者に なでしこに“頼れる菅沢”が帰ってきた

公開日:

 その直後、岩渕真奈(INAC神戸MF)の絶妙なラストパスを受けてGKと1対1に。彼女はこれを……外した。

 歓喜の先制弾がモノの1分でプラスマイナスゼロになりかねない痛恨のシュートミスになってしまったが、ここで終わらないのがこの日の菅沢だ。

 同点に追いつかれてもなお、流れを呼び戻せない日本を菅沢が救う。

 左のファーサイドで彼女が、ヘディングで折り返したボールがオウンゴールを誘ったのだ。

 どんなにシュートミスを重ねても、味方の信頼を辛うじてつなぎ留めていたのは、彼女特有のアシストプレーがあるから。韓国戦のオウンゴールはまさにそれだった。

「大外は守るのが難しいところ。そこを狙っていきたい」(菅沢)

 タイミング良い飛び出しと得意のポストプレーで「2得点」に絡んだ。

 長くも感じたが、ようやく頼もしい菅沢が帰ってきた――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る