韓国撃破の立役者に なでしこに“頼れる菅沢”が帰ってきた

公開日: 更新日:

 なでしこジャパンがアジア大会(インドネシア)準決勝で韓国を2―1で下し、4大会連続で決勝進出を決めた。

 今大会で最も攻め込まれ、苦しい展開を強いられた。数少ないチャンスを決めたのは、浦和レッズレディースのFW菅沢優衣香(27)だった。

 今大会のみならず、4月の女子アジアカップ前から、菅沢は不穏な空気に包まれていた。完璧なタイミングでシュートを放っても、なぜかゴールに嫌われてしまう。

 それも2度や3度ではないから深刻だ。

 今大会もタイとの初戦から、その不穏さは顔をのぞかせていた。続くベトナム戦では、無駄なく先制弾を決めて気持ちは上向くも、そこからが続かなかった。しかし、この日の菅沢は違った。

 前半5分。日本のファーストチャンス。ボールが菅沢に入った瞬間、カメラを構えながら思わず祈る。「タイミング良く(DFの)裏に抜け出せたし、GKの位置も見えていたし、良いタイミングでシュートが打てました」(菅沢)。一つ一つの要素がピタリとハマり、ビッグチャンスを逃すことなく仕留めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る