韓国撃破の立役者に なでしこに“頼れる菅沢”が帰ってきた

公開日:

 なでしこジャパンがアジア大会(インドネシア)準決勝で韓国を2―1で下し、4大会連続で決勝進出を決めた。

 今大会で最も攻め込まれ、苦しい展開を強いられた。数少ないチャンスを決めたのは、浦和レッズレディースのFW菅沢優衣香(27)だった。

 今大会のみならず、4月の女子アジアカップ前から、菅沢は不穏な空気に包まれていた。完璧なタイミングでシュートを放っても、なぜかゴールに嫌われてしまう。

 それも2度や3度ではないから深刻だ。

 今大会もタイとの初戦から、その不穏さは顔をのぞかせていた。続くベトナム戦では、無駄なく先制弾を決めて気持ちは上向くも、そこからが続かなかった。しかし、この日の菅沢は違った。

 前半5分。日本のファーストチャンス。ボールが菅沢に入った瞬間、カメラを構えながら思わず祈る。「タイミング良く(DFの)裏に抜け出せたし、GKの位置も見えていたし、良いタイミングでシュートが打てました」(菅沢)。一つ一つの要素がピタリとハマり、ビッグチャンスを逃すことなく仕留めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る