• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国撃破の立役者に なでしこに“頼れる菅沢”が帰ってきた

投稿日:

 なでしこジャパンがアジア大会(インドネシア)準決勝で韓国を2―1で下し、4大会連続で決勝進出を決めた。

 今大会で最も攻め込まれ、苦しい展開を強いられた。数少ないチャンスを決めたのは、浦和レッズレディースのFW菅沢優衣香(27)だった。

 今大会のみならず、4月の女子アジアカップ前から、菅沢は不穏な空気に包まれていた。完璧なタイミングでシュートを放っても、なぜかゴールに嫌われてしまう。

 それも2度や3度ではないから深刻だ。

 今大会もタイとの初戦から、その不穏さは顔をのぞかせていた。続くベトナム戦では、無駄なく先制弾を決めて気持ちは上向くも、そこからが続かなかった。しかし、この日の菅沢は違った。

 前半5分。日本のファーストチャンス。ボールが菅沢に入った瞬間、カメラを構えながら思わず祈る。「タイミング良く(DFの)裏に抜け出せたし、GKの位置も見えていたし、良いタイミングでシュートが打てました」(菅沢)。一つ一つの要素がピタリとハマり、ビッグチャンスを逃すことなく仕留めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る