7月からHR量産 西武・中村がはじく年俸増のソロバン勘定

公開日:

 35歳のおかわり“さん”が大活躍である。

 西武の中村が4日、1点ビハインドの三回に逆転2ランを放つと、五回には貴重な追加点となる左前タイムリー。試合のなかったソフトバンクとのゲーム差を4・5に広げ、チームの首位固めに貢献した。

 中村は4月に左肩を負傷し、戦線離脱。6月に一軍に合流したものの、バットはさっぱりで6月の月間打率は1割を切っていた。

 それが夏の到来とともに打撃の調子は右肩上がり。7、8月だけでホームラン20本と量産態勢に入り、この日が24号だ。

 30歳を過ぎてからも打球の飛距離は衰えず、もっか5年連続20本塁打以上。年俸のダウンにも歯止めをかけたいところだろう。

 2013年オフに結んだ4年総額最大20億円の巨額契約は、昨季で満了。年俸4億1000万円から、1億3000万円ダウンの2億8000万円で1年契約だ。今季も前半戦はほとんど働いていないので、更なる減額は避けられない。それでも代名詞であるホームランをバンバン打ち、優勝に貢献となれば、微減、あるいは現状維持だってあり得る。西武の契約更改は野手に甘い傾向なのでなおさらだ。

 一軍合流直後は8番だった打順は徐々に上がり、本塁打王6回、打点王3回の強打者は素振り後にソロバンをはじく毎日だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る