7月からHR量産 西武・中村がはじく年俸増のソロバン勘定

公開日: 更新日:

 35歳のおかわり“さん”が大活躍である。

 西武の中村が4日、1点ビハインドの三回に逆転2ランを放つと、五回には貴重な追加点となる左前タイムリー。試合のなかったソフトバンクとのゲーム差を4・5に広げ、チームの首位固めに貢献した。

 中村は4月に左肩を負傷し、戦線離脱。6月に一軍に合流したものの、バットはさっぱりで6月の月間打率は1割を切っていた。

 それが夏の到来とともに打撃の調子は右肩上がり。7、8月だけでホームラン20本と量産態勢に入り、この日が24号だ。

 30歳を過ぎてからも打球の飛距離は衰えず、もっか5年連続20本塁打以上。年俸のダウンにも歯止めをかけたいところだろう。

 2013年オフに結んだ4年総額最大20億円の巨額契約は、昨季で満了。年俸4億1000万円から、1億3000万円ダウンの2億8000万円で1年契約だ。今季も前半戦はほとんど働いていないので、更なる減額は避けられない。それでも代名詞であるホームランをバンバン打ち、優勝に貢献となれば、微減、あるいは現状維持だってあり得る。西武の契約更改は野手に甘い傾向なのでなおさらだ。

 一軍合流直後は8番だった打順は徐々に上がり、本塁打王6回、打点王3回の強打者は素振り後にソロバンをはじく毎日だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  3. 3

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る