• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7月からHR量産 西武・中村がはじく年俸増のソロバン勘定

投稿日:

 35歳のおかわり“さん”が大活躍である。

 西武の中村が4日、1点ビハインドの三回に逆転2ランを放つと、五回には貴重な追加点となる左前タイムリー。試合のなかったソフトバンクとのゲーム差を4・5に広げ、チームの首位固めに貢献した。

 中村は4月に左肩を負傷し、戦線離脱。6月に一軍に合流したものの、バットはさっぱりで6月の月間打率は1割を切っていた。

 それが夏の到来とともに打撃の調子は右肩上がり。7、8月だけでホームラン20本と量産態勢に入り、この日が24号だ。

 30歳を過ぎてからも打球の飛距離は衰えず、もっか5年連続20本塁打以上。年俸のダウンにも歯止めをかけたいところだろう。

 2013年オフに結んだ4年総額最大20億円の巨額契約は、昨季で満了。年俸4億1000万円から、1億3000万円ダウンの2億8000万円で1年契約だ。今季も前半戦はほとんど働いていないので、更なる減額は避けられない。それでも代名詞であるホームランをバンバン打ち、優勝に貢献となれば、微減、あるいは現状維持だってあり得る。西武の契約更改は野手に甘い傾向なのでなおさらだ。

 一軍合流直後は8番だった打順は徐々に上がり、本塁打王6回、打点王3回の強打者は素振り後にソロバンをはじく毎日だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る