サイクル安打に打率首位も 中日平田は年俸大幅アップなし

公開日: 更新日:

「本当はいけないことですが、最後の打席が回って来る前は守備の時から打撃のことばかり考えていました」

 中日平田良介(30)が、16日のDeNA戦で史上68人目(73回目)のサイクル安打を達成。試合後はマイクの前でもファンを沸かせた。

 一回の第1打席で先頭打者アーチを左中間スタンドに運ぶと、2打席連続の二塁打の後にライトへの三塁打で「リーチ」をかけ、第5打席の左前打で「完結」させた。

 16年にFA権を取得した際にはヤクルト移籍も噂されたが、年俸1億2000万円の5年契約で残留。同年は9月に右肩痛で戦列を離れ、118試合で打率.248、14本塁打、73打点という成績でも、7000万円から5年6億円ベースの大型契約を結んだ。

 当時この契約は「年俸変動制」とも報じられたが、昨年は右膝の故障で66試合、.244、6本塁打、29打点という不甲斐ない成績で終わりながら今年の年俸は据え置かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る