サイクル安打に打率首位も 中日平田は年俸大幅アップなし

公開日:

「本当はいけないことですが、最後の打席が回って来る前は守備の時から打撃のことばかり考えていました」

 中日の平田良介(30)が、16日のDeNA戦で史上68人目(73回目)のサイクル安打を達成。試合後はマイクの前でもファンを沸かせた。

 一回の第1打席で先頭打者アーチを左中間スタンドに運ぶと、2打席連続の二塁打の後にライトへの三塁打で「リーチ」をかけ、第5打席の左前打で「完結」させた。

 16年にFA権を取得した際にはヤクルト移籍も噂されたが、年俸1億2000万円の5年契約で残留。同年は9月に右肩痛で戦列を離れ、118試合で打率.248、14本塁打、73打点という成績でも、7000万円から5年6億円ベースの大型契約を結んだ。

 当時この契約は「年俸変動制」とも報じられたが、昨年は右膝の故障で66試合、.244、6本塁打、29打点という不甲斐ない成績で終わりながら今年の年俸は据え置かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る