サイクル安打に打率首位も 中日平田は年俸大幅アップなし

公開日:

「本当はいけないことですが、最後の打席が回って来る前は守備の時から打撃のことばかり考えていました」

 中日の平田良介(30)が、16日のDeNA戦で史上68人目(73回目)のサイクル安打を達成。試合後はマイクの前でもファンを沸かせた。

 一回の第1打席で先頭打者アーチを左中間スタンドに運ぶと、2打席連続の二塁打の後にライトへの三塁打で「リーチ」をかけ、第5打席の左前打で「完結」させた。

 16年にFA権を取得した際にはヤクルト移籍も噂されたが、年俸1億2000万円の5年契約で残留。同年は9月に右肩痛で戦列を離れ、118試合で打率.248、14本塁打、73打点という成績でも、7000万円から5年6億円ベースの大型契約を結んだ。

 当時この契約は「年俸変動制」とも報じられたが、昨年は右膝の故障で66試合、.244、6本塁打、29打点という不甲斐ない成績で終わりながら今年の年俸は据え置かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る