よぎる3年前…燕・山田「トリプル3」3度目堅く球団真っ青

公開日:

「今年こそはどうにか説得しないと、球団はパンクしますよ」

 こう漏らすのは、あるヤクルトOBだ。

 5連勝のあと、広島に3連敗を喫したヤクルトは3位巨人とは1ゲーム差。残り27試合をどうにか2位のまま終えたいところだが、フロントにとってもうひとつ気がかりなのは人件費だ。

 今季の山田哲人(26)はすでに30本塁打、30盗塁をマーク。もっか打率も.311。3度目となるトリプルスリー(3割、30本、30盗塁)はほぼ堅い。

 昨オフ山田は入団以来初の年俸ダウンで今季は2億8000万円。優勝した2015年に1度目のトリプルスリーを達成した時は8000万円から2億2000万円にアップし、プロ野球史上初となる2年連続の偉業で3億5000万円までいった。

「山田は15年オフに、複数年契約の提示を断った。今となっては大正解だが、フロントは交渉失敗を後悔しているはずです。3度目のトリプルスリーとなれば今年の年俸更改は5億円に到達するかどうかの攻防となるし、若い山田なら今後、4度目、5度目のトリプルスリーも十分にあり得る。球団はこのまま単年契約を継続されたら非常に困る。それこそ、山田ひとりの人件費が10億円なんてことにもなりかねない。おそらく今オフは4億5000万円の3年から4年契約ぐらいでハンコを押してもらいたいはずです」(前出のOB)

 ちなみに9月2日の山田は4タコ。フロントは密かに打率が3割を切ることを望んでいたりして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る