よぎる3年前…燕・山田「トリプル3」3度目堅く球団真っ青

公開日: 更新日:

「今年こそはどうにか説得しないと、球団はパンクしますよ」

 こう漏らすのは、あるヤクルトOBだ。

 5連勝のあと、広島に3連敗を喫したヤクルトは3位巨人とは1ゲーム差。残り27試合をどうにか2位のまま終えたいところだが、フロントにとってもうひとつ気がかりなのは人件費だ。

 今季の山田哲人(26)はすでに30本塁打、30盗塁をマーク。もっか打率も.311。3度目となるトリプルスリー(3割、30本、30盗塁)はほぼ堅い。

 昨オフ山田は入団以来初の年俸ダウンで今季は2億8000万円。優勝した2015年に1度目のトリプルスリーを達成した時は8000万円から2億2000万円にアップし、プロ野球史上初となる2年連続の偉業で3億5000万円までいった。

「山田は15年オフに、複数年契約の提示を断った。今となっては大正解だが、フロントは交渉失敗を後悔しているはずです。3度目のトリプルスリーとなれば今年の年俸更改は5億円に到達するかどうかの攻防となるし、若い山田なら今後、4度目、5度目のトリプルスリーも十分にあり得る。球団はこのまま単年契約を継続されたら非常に困る。それこそ、山田ひとりの人件費が10億円なんてことにもなりかねない。おそらく今オフは4億5000万円の3年から4年契約ぐらいでハンコを押してもらいたいはずです」(前出のOB)

 ちなみに9月2日の山田は4タコ。フロントは密かに打率が3割を切ることを望んでいたりして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  9. 9

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る