• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

よぎる3年前…燕・山田「トリプル3」3度目堅く球団真っ青

「今年こそはどうにか説得しないと、球団はパンクしますよ」

 こう漏らすのは、あるヤクルトOBだ。

 5連勝のあと、広島に3連敗を喫したヤクルトは3位巨人とは1ゲーム差。残り27試合をどうにか2位のまま終えたいところだが、フロントにとってもうひとつ気がかりなのは人件費だ。

 今季の山田哲人(26)はすでに30本塁打、30盗塁をマーク。もっか打率も.311。3度目となるトリプルスリー(3割、30本、30盗塁)はほぼ堅い。

 昨オフ山田は入団以来初の年俸ダウンで今季は2億8000万円。優勝した2015年に1度目のトリプルスリーを達成した時は8000万円から2億2000万円にアップし、プロ野球史上初となる2年連続の偉業で3億5000万円までいった。

「山田は15年オフに、複数年契約の提示を断った。今となっては大正解だが、フロントは交渉失敗を後悔しているはずです。3度目のトリプルスリーとなれば今年の年俸更改は5億円に到達するかどうかの攻防となるし、若い山田なら今後、4度目、5度目のトリプルスリーも十分にあり得る。球団はこのまま単年契約を継続されたら非常に困る。それこそ、山田ひとりの人件費が10億円なんてことにもなりかねない。おそらく今オフは4億5000万円の3年から4年契約ぐらいでハンコを押してもらいたいはずです」(前出のOB)

 ちなみに9月2日の山田は4タコ。フロントは密かに打率が3割を切ることを望んでいたりして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る