エ軍大谷ショック…右肘に新たな損傷が見つかり手術へ

公開日:

 二刀流が再びピンチだ。

 エンゼルスは5日(日本時間6日)、大谷翔平(24)がMRI検査を受けた結果、右肘内側側副靱帯に新たな損傷が見つかったと発表。診察を受けたチームドクターからはトミー・ジョン(靱帯再建)手術を勧められたという。

 開幕から二刀流で起用されてきた大谷は6月8日(同9日)に右肘の靱帯損傷で故障者リスト(DL)入り。7月3日に打者として戦列に戻り、同19日にキャッチボールを再開し、8月11日にブルペンでの投球練習を開始。その後は傘下のマイナー選手を相手に実戦形式での3度の登板を経て、2日のアストロズ戦で投手復帰を果たしたばかりだった。

 そのアストロズ戦では初回に直球の最速99.3マイル(約159.8キロ)を記録したが、腰の張りと打球をはじいた右手中指の衝撃もあって、三回途中で降板した。

 今後はチームのメディカルスタッフと話し合って決めるが、患部の手術は避けられそうにない。なお、この日のレンジャーズ戦は「3番・DH」でスタメンに名を連ね、今後もチームに帯同するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る