エ軍大谷ショック…右肘に新たな損傷が見つかり手術へ

公開日: 更新日:

 二刀流が再びピンチだ。

 エンゼルスは5日(日本時間6日)、大谷翔平(24)がMRI検査を受けた結果、右肘内側側副靱帯に新たな損傷が見つかったと発表。診察を受けたチームドクターからはトミー・ジョン(靱帯再建)手術を勧められたという。

 開幕から二刀流で起用されてきた大谷は6月8日(同9日)に右肘の靱帯損傷で故障者リスト(DL)入り。7月3日に打者として戦列に戻り、同19日にキャッチボールを再開し、8月11日にブルペンでの投球練習を開始。その後は傘下のマイナー選手を相手に実戦形式での3度の登板を経て、2日のアストロズ戦で投手復帰を果たしたばかりだった。

 そのアストロズ戦では初回に直球の最速99.3マイル(約159.8キロ)を記録したが、腰の張りと打球をはじいた右手中指の衝撃もあって、三回途中で降板した。

 今後はチームのメディカルスタッフと話し合って決めるが、患部の手術は避けられそうにない。なお、この日のレンジャーズ戦は「3番・DH」でスタメンに名を連ね、今後もチームに帯同するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る