• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブランク3カ月の深刻影響 エ軍・大谷にまた大ケガの可能性

 再スタートで課題を残した。

 エンゼルス・大谷翔平(24)が2日(日本時間3日)のアストロズ戦で復帰登板し、2回3分の1を1本塁打を含む2安打2失点。49球で降板し、2敗目を喫した。

 立ち上がりに、直球の最速は159キロをマーク。痛めていた右肘の不安を感じさせなかった、が、二回に先頭ゴンザレスの打球にとっさに反応。伸ばした右手で打球をはじくアクシデントに見舞われた。一回を投げ終えた後には腰に張りを訴え、右手への衝撃もあって、三回には球速が145キロまでダウン。リードオフマンのスプリンガーにキレのない変化球を捉えられて一発を浴びた。

 二刀流の復帰マウンドにソーシア監督は「腰の張り、右手に打球を受けたので、これ以上投げさせる必要はないと判断した。ただ、(痛めた)右肘は何も問題なかった」と及第点を与えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

もっと見る