大谷翔平に手術回避の勧め…左打ちで“経験者”の柴田博之氏

公開日:

 現役時代の01年に外野手ながら当時としては珍しくTJ手術に踏み切った人がいる。元西武の柴田博之氏(42=左投げ左打ち)だ。現在は、東京・瑞穂町で運営する野球塾「やきゅうま」の代表を務める柴田氏は「僕の場合は左肘の靱帯断裂で復帰まで8カ月でした」とこう続ける。

「腱は自分の左手首から移植して、術後、固定していたギプスは2~3週間で取れたと記憶しています。固定している間も、右手でバットは振っていました。リハビリは体幹や下半身強化が中心で、送球はテニスボールを使って、最初はゴロを転がすことから始めました。故障してから曲がらなかった左肘が術後は回復しましたが、しばらくは自分の肘ではないという感覚が拭えませんでした。それに『もう一度やってしまうんではないか』という恐怖心とも闘いました。投げた時に時折、肘に少なからず衝撃が走るとびくびくしていました」

 柴田氏は左投げ左打ちなのに対し、大谷は右投げ左打ち。右肘にメスを入れた場合、打撃に影響はないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る