甲子園ラッキーゾーン復活計画は阪神の貧打解消に追い風か

公開日: 更新日:

「ラッキーゾーン復活プラン浮上」

 11日付のスポーツ各紙は、阪神の本拠地・甲子園で91年12月限りで撤去されたラッキーゾーン復活計画が浮上していると報じた。ソフトバンクのヤフオクドームにあるようなホームランテラスを作り、客席を増やすプランだという。

 日刊ゲンダイは8月にこの計画が球団内で進行していることを報じた。この日、中日に逆転負けを喫するなど、阪神は甲子園で19勝29敗1分と大きく負け越している。

 本塁打数はリーグ最少の74本。左中間、右中間が118メートルと12球団の本拠地で最も深く、右翼から左翼方向に「浜風」が吹くため、特に左打者は本塁打を打ちづらいとされる。仮にラッキーゾーンが復活し、左、右中間が狭くなれば、貧打解消の追い風になるかもしれない。

 12球団の本拠地は、公認野球規則の範囲内で主催球団が地の利を生かすために「工夫」を凝らすことができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る