安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

松本航(投手・日体大)低めにグッと伸びる速球が真骨頂

公開日: 更新日:

 敵が内にいる。

 チーム内に、油断できないライバルたちが何人もいるという環境は、同学年に快腕が2人いる東洋大・甲斐野央と同じだ。4年生にプロ注目のパワーピッチャー・東妻勇輔(智弁和歌山)がいて、3年生、2年生にも140キロ後半の速球勝負の快腕が目白押し。日々、高いレベルの中で腕を磨く。そんな環境は、間違いなく「学び」も豊かだ。

 松本は、いろんなことができる投手だ。その点で甲斐野と対照的である。スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップにスプリット。種類も多いが、いつでもストライクをとれる変化球を、毎試合3種類、4種類用意できるのは、プロでも先発で長いイニング、試合をつくれる資質だ。

 しかし、なんといっても、この投手の「真骨頂」は、打者のヒザほどの高さの速球がグッと来ることだ。

 低めの速球の回転が、ホームベース上に来ても緩まない投手はなかなかいない。今夏の甲子園大会で、プロから高い評価を受けた金足農業・吉田輝星の速球が、ちょうどこういう球質を持っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る